よくあるご質問

多く寄せられました質問について下記にまとめました。
その他、ご質問等がございましたら、下記お問合せ先までご連絡ください。

Q1. HMGB1 ELISA Kit IIでは、血清、血漿の測定ができますか?
A1. 血清、血漿のどちらのHMGB1も測定できます。ただし、ヘパリン血漿では、正確に測定できない場合がありますので、EDTA血漿、もしくはクエン酸血漿での測定をおすすめいたします。
Q2. HMGB1 ELISA Kit IIでは、血清、血漿以外には、どのようなサンプルでの測定が可能ですか?
A2. 脳髄液(CSF)、肺胞洗浄液(BALF)、細胞培養上清中のHMGB1測定が可能です。
Q3. 血漿検体の場合、どの血漿が使用できますか?
A3. EDTA血漿、もしくはクエン酸血漿をご使用下さい。ヘパリン血漿では、正確に測定できない場合がございます。
Q4. HMGB1 ELISA Kit IIは、ヒト検体の他、どの動物のHMGB1の測定が可能ですか?
A4. これまでに、ウシ、ブタ、ウサギ、ラット、マウス、サル、イヌ、ウマで本キットが使用可能であることを確認しております。HMGB1は、哺乳動物間での相当性が高く、例えば、ヒトとブタの相当性は99%以上です。
Q5. HMGB1の中和実験にはどの抗体を使用すればよいですか?
A5. ニワトリ抗HMGB1ポリクローナル抗体(商品コード326052233)をご使用下さい。
Q6. 中和抗体は、どの動物で使用可能ですか?
A6. マウス、ラットでは確認されております。また、HMGB1の種間での保存性が高いことから、他の動物でも使用できるだろうことが予想されます。
Q7. 中和抗体の使用例の論文を教えてください。
A7. 代表的な論文の例を示します。他にも使用例がございますので、参考文献のページもご覧ください。
Abeyama K et al. (2005) J Clin Invest, 115, 1267-1274. "The N-terminal Domain of Thrombomodulin Sequesters High-Mobility Group-B1 Protein, a Novel anti-inflammatory Mechanism."
Q8. 組織中HMGB1の免疫染色には、どの抗体を使用すれば良いですか?
A8. ウサギ精製抗HMGB1ポリクローナル抗体(商品コード326052219)をご使用下さい。ウサギ抗体での染色ができない場合は、ニワトリ精製抗HMGB1ポリクローナル抗体(商品コード326052226)をご使用下さい。
Q9. 組織免疫染色の使用例の論文を教えてください。
A9. 代表的な論文の例を示します。他にも使用例がございますので、参考文献のページもご覧ください。
Taniguchi N. et al. (2003) Arthritis Rheum, 48, 971-981. "High Mobility Group Box Chromosomal Protein1 Plays a Role in the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis as a Novel Cytokine."
Q10. 溶血の影響はありますか?
A10. 赤血球中にHMGB1が存在することが知られておりますが、検体によってその影響の度合いはまちまちです。血球の影響を回避するため、念のため、遠心分離したサンプルでの測定をおすすめいたします。
Q11. HMGB1抗原のエンドトキシンレベルは確認されていますか?
A11. 当社では、HMGB1中のエンドトキシンレベルは確認しておりません。ご了承の上、ご使用下さい。

お問い合わせ

商品・技術に関するお問合せ

カスタマーサポート
電話番号:0120-66-1141
メール:HMGB_info@shino-test.co.jp
  • メールフォームでのお問い合わせ

日本、中国(香港・マカオを含む)、台湾以外の国、地域への販売は、IBL International GmbH 新規ウィンドウが開きます へお問い合わせ下さい。

このページのトップへ